メガヒザブログ

PHP初心者の開発ブログ
IPFS ハッシュ集 List of Hashes link
0

    続きから

    続きを読む >>
    | たくすん | - | 01:40 | comments(0) | - |
    IPFSのピアとパブリックゲートウェイを立てました
    0

      パブリックゲートウェイ

      https://ipfs.zunda.xyz/ipfs/

      ※↑にアクセスしても404返されるだけなので注意

       

      ピンしたファイル一覧

      https://files.megahiza.net/hashes.txt

      とりあえずtorrentの定番、Linux(Ubuntu)のISOの日本語版を上げといた。

       

      使い方

      ファイルのハッシュを取ってくる(Qmで始まる英数字の羅列)

      https://ipfs.zunda.xyz/ipfs/ の後にハッシュを付ける

      (゚д゚)ウマー

      続きを読む >>
      | たくすん | - | 00:57 | comments(0) | - |
      マストドン分散運用
      0
        ドメイン ソフト 形態 所在地
        mas.sns.onl Mastodon VPS エストニア
        mstdn.pw Mastodon ホスティングサービス フランス
        ple.mstdn.pw Pleroma VPS 日本
        pawoo.net Mastodon 企業運営 日本

         

        1.ドメイン

        自鯖でもドメインを分けているので失効対策、取得時期もずれているので一斉に死ぬことはないと思う。

         

        2.ソフト

        無いと思うけど、Mastodonインスタンスが一斉ダウンしてもPleromaがある。

        Mastodon死んだらフォロワーの99%がActivityPubから居なくなるけどまあ無いでしょ。

         

        3.形態

        VPSで自力で立てたのは自分の知識と財力のダブル無さで不安だけど

        金だせばホスティングは、最悪金も出せなくなってもpawooで書ける。

         

        4.所在地

        北海道の停電でDCが落ちる(さくらは頑張ったからダウンタイム少なかったけど)事態があったから

        災害対策で国単位で分散したい。ただ上3つが欧米運営なので二次○リBANがありうるのでそこはpawooで。

        | たくすん | - | 19:30 | comments(0) | - |
        Mastodonの登録からトゥートまでハウツー
        0

          Q.どこに登録したらいいの?

          マストドンは1つの企業が運営しているのではなく、世界中の有志がおのおのサーバーを立てています。

          基本的にそのなかで運営者を信用できればどこでもいいです。違うサーバーのユーザーもフォローできます。

          ※オープンソースソフトウェアなので、改造して通常は運営者でも見ることの出来ないパスワードを抜く事も可能です。

          ですので信用できないサーバーには登録しないと共に、パスワードは使い回さないようにしましょう。


          Q.おすすめは?

          有名なのはユーザー数上位の

           

          pawoo.net (Pixiv運営)

           

          mstdn.jp (個人運営)(きぼうソフト運営)

           

          friends.nico (ドワンゴ運営)

           

          です。その他はここなどに乗っています。

          ジャンルフリーのサーバーと特定の話題に特化したサーバーがあります。

           

          公式呼称は「インスタンス」なので、以降この”サーバー”のことを「インスタンス」と呼びます。


          Q.登録したけどなにこれ

          MastodonはTwitterと違いTLが3つあります。

           

          ホームタイムライン

          Twitterのタイムラインと同じくフォローしている人のトゥートが流れてきます。

           

          ローカルタイムライン

          そのインスタンスにいる人がした「公開」トゥートがその人をフォローしていなくても流れてくるタイムラインです。

           

          連合タイムライン

          そのインスタンスと繋がりのある(インスタンスの人とインスタンスの誰かがフォローしている)人の「公開」トゥートが流れてきます。

           

          トゥートには公開範囲の設定があって、

          • 公開(ローカルタイムラインに載る)
          • 非収蔵(ローカルタイムラインに載らない)
          • 非公開(フォロワーのみ見える)
          • ダイレクト(TwitterでいうDMみたいなもの)

          があります。

          「とりあえず誰かと話したい」のであればローカルタイムラインを見ながら公開トゥート、
          「フォロワーとだけ話したい」のであればホームタイムラインを見ながら非収蔵トゥート、
          「Twitterと同じく鍵アカにしたい」のであれば設定のプロフィール編集で非公開に。


          Q.他のインスタンスの人をフォローしたいんだけど

          検索欄に”@ユーザーID@インスタンスのドメイン”と入力してください。

          例:@Takusun@pawoo.net

          同じインスタンスのユーザーならインスタンスのドメインは省略できます。


          Q.何書けばいいの?

          Twitterと同じく自由にどうぞ。ただし閉鎖的なインスタンスもあるのでそういう場合は気をつけてください。


          Q.CWって何?

          閲覧注意な文を隠して、フォロワーが不意に読んでしまわないようにする機能です。

          映画のネタバレやフランス書院的な文はこの機能を使いましょう。

          画像を上げる際も同様の機能があります。


          Q.アカウント消したらどうなる?

          アカウントを削除すると同じIDでそのインスタンスにアカウントを作ることができなくなります。

          ただし例外があり、前述の通り改造して仕様変更しているインスタンスもあります。

          例としてfriends.nicoはアカウント削除機能がありません。


          Q.Tween使ってたんだけど

          こちらをどうぞ


          Q.他に質問あるんだけど

          聞いてくれれば分かる範囲で答えるよ

          https://twitter.com/Takusun_

          https://pawoo.net/@Takusun

          | たくすん | - | 21:06 | comments(0) | - |
          PeertubeをYunohostで立てる
          0

            メモがてら

             

            Peertube

            自前YouTube。BlenderがYouTubeを追い出されたため自前で立てたのがこれ。

            WebTorrentとかActivityPubとか技術的な説明もあるけど要は自分で管理できるYouTube。

             

            Yunohost

            このアプリケーションの上でNginxやPostfixなどが動く、表面だけで言えばDockerのようなもの。

            インストール作業の大半をやってくれるのでスクリプトキディにはありがたい。

             

            ではインストール手順。

            前提

            • VPSに入れる(今回は自宅サーバーとかじゃなくVPSに入れる)
            • bashとwgetが使える環境にする(Debian9だと最初から使える)
            • ドメインのレコードにサーバーのIPを登録しておく

             

             

            Yunohostのインストール

             

            公式サイトにある通りコマンドを打つ。

            bash <(wget -q -O- https://install.yunohost.org/)

            途中表示されるY/nはYes、ドメインと管理画面パスワードを登録する。

             

            SSL証明書のインストール

             

            前項が完了すればもう管理画面にアクセスできるようにはなっているが、SSLがオレオレ証明書なので証明書をインストールする。

            公式サイトにある通り(充実してるな)

             

            yunohost domain cert-install

            と打つと拍子抜けなくらいあっさりインストールされる。

             

            Peertubeのインストール

             

            設定したドメインにアクセスすれば管理画面ログインにリダイレクトされるはずなのでログインし、

            まずはUserから適当にユーザーを作成しておく。でないと後々困る。

            Apprications→最下のThird Pirty AppからGithubのURLを入れる。

            サードパーティは保証せんでーというダイアログが出るのでOK。

            アプリケーションを動かすドメインと連絡先メールアドレスを入れ、Is this a public?はチェック。でないとYunohostにログインしてからでないとPeertubeにアクセスできなくなる。

            数分でインストールが終わるのでそうしたらもう一回登録したドメインにアクセスするとPeertubeの画面になる。

             

            Peertubeの設定

             

            Peertubeの管理者アカウント(root)のパスワードは登録したUserのメールボックスに入ってるはず(admin@example.comのエイリアスを持ってるユーザー)なので何とかアクセスしてパスワードを取り出す

            アカウント登録を有効化してもいいが、そのままだとメールが送られない(Port25で送ろうとするので一般的なメールサービスはまず受信しない)。設定方法は模索中。誰か教えてくれさい。

            ただメールの到達を確認しなくともアカウントは作成されるようなのでできるにはできる。

             

            セキュリティ的に不安なのでMastodonのホスティングをやってるサービスがPeertubeもやってくれないかなと願っている。

             

            | たくすん | HTML/PHP | 22:15 | comments(0) | - |
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            282930    
            << April 2019 >>
            + RECOMMEND ENTRIES
            + SELECTED ENTRIES
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + Twitter
            + MOBILE
            qrcode
            + PROFILE