自前ドメインメアドのその後と一般名詞ドメインについて

前のエントリで書いて実践してたことの結局

 

・意外と取れる一般名詞ドメイン と しかしの話

 

※DNSに詳しいわけではないので素人考え

 

 

前のエントリで書いて実践してたことの結局

 

やっぱりドメインは短いほうがいい

自分で書いといて何なんですが取れたのが嬉しくて取ったドメインでメアドを作って、

無駄にサブドメインまで設定したら文字数が30文字以上になってしまってまあめんどくさい。

結局3文字@2文字のドメインも取りましたとさ。

あとjpドメインだとWhois隠してても本名だけさらされることに今更気づいたので

jpはプライベートにしか使わないことにしました。

 

・意外と取れる一般名詞ドメイン と しかしの話

最近"music.jp"はどんだけ金積んだんだろうなぁと思いはじめた。

 

みんな思いつくようなドメイン名は当然取れないか高額なわけですが、それは .com や .net の話で

マイナーなTLDだと意外と取れるようです。

たとえば私の所有ドメイン tansyuku.link ですが通常価格で、いや割引価格で取れました。

URL短縮に使っているのですが、あんまり短縮感が無いのか取られていませんでした。

それに加え .link のマイナーさと日本語で取るのが日本人くらいしかいないというのが理由でしょう。

 

マイナーなTLDで取れば意外と取れるのですが、注意点として

 

・レジストリの方針

・Whois

 

があります。

レジストリの方針は、例えばイスラム圏のccTLDはイスラム法に反した運用ができない場合がある※などがリスクになります。

※(.lyの例 Wikipediaなので信憑性は微妙ですが)

 

Whoisは代理公開が出来ない場合、個人で登録すると名前や住所や連絡先がおっぴろげになってしまいます。スパムが来るんだこれが

 

自慢のドメインを取って良きDNSライフを。

 

ちなみにスクワッティングして高く売りつけようというのを推奨しているわけではありません。使わないならとんなや

 

コメント